地球の歩き方
地球の走り方TOP >  地球の走り方Travel&Run!編集部ブログ >  JALホノルルマラソン行ってきました その2
  • ブログ
  • 取材・編集記
  • イベント
  • マラソン大会
  • トレーニング
  • セルフケア
  • おすすめスポット
  • ランニンググッズ
  • メンバー紹介
  • 女子ラン

今回はカメラを持たずにホノルルを走りました。

じつは、今年の2月に東京で出した自己ベスト=3時間39分5秒の更新を狙ったのです。

Start

iPhoneで撮ったスタート前のゲート付近。スタートは午前5時。

よって2時半に起床! 朝食(おにぎり弁当)は3時から。

今年のホノルルマラソンには、3万1083名がエントリー。

40周年記念大会ということと、円高、ランニングブームの影響か

10年ぶりに3万人の大台を超えました。

うち、日本人は1万6283名で、昨年より約4000名増。スタート前には

あちこちで日本人グループが気勢をあげており、国内大会のような

リラックスした雰囲気の中スタートできました。

Umi

カメラ持たずに真剣に走ったので、途中の写真はこの一枚のみです(スミマセン!)。

復路のダイヤモンド・ヘッド脇から見た朝の海。あまりにキレイだったので

ランニング記録アプリを起動していたiPhoneでパシャリと撮りました。朝8時頃の風景です。

ホノルルマラソンは制限時間がないことから「初心者向き」と言われますが、

ダイヤモンドヘッドの麓を走るため、結構アップダウンがあります。

自己ベスト更新を狙ったものの、この上り下りにやられて

タイムは3時間46分33秒でした。前半はペースを抑え、復路のダイヤモンドヘッド

上り坂まで足を温存する作戦でしたが、練習不足で案の定、坂でペースダウン。無念……。

Mygoal_2

Shirt

ゴールすると、メダルと貝のネックレスを首にかけてもらえます。

完走Tシャツは公園内のブースで受け取り。

写真の完走証は、本日(1/15)宅配便で会社の自席に届きました。

ホノルルマラソンならではの素晴らしいサービス!

現地でもらいたい場合は、翌月曜日にカピオラニ公園のテントで受け取れます。

__

ありがたかったのはJTBのテントで配られていたうどんとパン。

疲れた身体とペコペコのおなかに、炭水化物は何よりのプレゼント。

テントでは着替えができるし、PCやWiFiを使うこともできる(完走報告メールを

送っていた人多数)ので、「マラソン・ツアーってメリット多いな」と思いました。

Udon_4

プレス用休憩テントの脇で、ロンドン五輪フェンシング銅メダリストの

太田雄貴選手を発見! 4時間19分30秒で完走したそう。

Ohta_2

「フェンシングとはまったく違う筋肉を使った。走り終えて一定の

満足感はありますが、途中歩いてしまったのが悔しい」

両膝をアイシングしながら、

「フェンシングの人! ガンバッテもっと速く走れ~! って関西弁の

おばちゃんに大声で言われて苦笑いしながら走りましたよ」と振り返っていました。

投稿者:地球の走り方スタッフ

blog comments powered by Disqus

▲ページ上部へ戻る